テスターちゃん【4コマ漫画】

ソフトウェアテストの用語、やり方などを4コマ漫画でわかりやすく説明する(予定の)ブログです。脱線も多いです。

26.バグ票の書き方 その④

f:id:m_training:20170812195928p:plain

26.バグ票の書き方 その④

 再現手順

基本的には「1ステップ1行動」で書くと見やすいゾ。

なぜかわからないけど、マネージャークラスの人が書くと「ある程度わかればいいんじゃね?」くらいになっていてとても雑になってるから要注意だ!

 

現状(Actual results)

ある程度、調べたことを載せておくと修正のときに「あ、こうなってるならここのファンクションが間違っていそう」と判断がつきやすくなる。

例えば前のバージョンで発生せず、今回から発生するのであれば変更箇所が怪しかったりする。

たまに「きっとこういう風に作っているからここがマズイに違いない」とブラックボックステストだけの、憶測で書く人もいたり。

事実だけを記載するようにしよう。

書いたコードは書いた本人が一番わかっている。

 

期待結果(Expect results)

こうなって欲しい、ということを書く場所。

仕様書の何ページ参照、と書いておくと、修正する側も調べやすくてより良かったりする

 

シャフ度

シャフト角、シャフ角とも呼ばれている。

シャフト作品によく見られたりする。

まどかマギカなどでも出てきたけど、やっぱり一番は物語シリーズだ。

なんとなくあの独特な角度は構図として描きたくなってしまう。

ジョジョ立ちと同じで、実際にやると無理っぽい感じだゾ!