テスターちゃん【4コマ漫画】

ソフトウェアテストの用語、やり方などを4コマ漫画でわかりやすく説明する(予定の)ブログです。脱線も多いです。

45.バグの出し方のコツ その⑥

f:id:m_training:20180325233014p:plain

45.バグの出し方のコツ その⑥

 外部制御

この内容についてどういうキーワードにしようか迷ったけれど「外部制御」とさせてもらった。

イメージとしては「取り扱っているwebやアプリの母艦となる場所からの操作を忘れちゃだめだよ」といった感じ。

WebAppを扱っている人ならブラウザの戻るなどの動作。

これでバグを出すと「あー…戻るボタンでおかしくなるのはいいや」みたいな対応をされちゃうこともしばしば。

場所によりけりだけど、ユーザー登録や購入といったところはしっかり見ておきたいところ。トークンやらで重複チェックは必要だゾ。

 

マンガでも書いたが、戻るボタン、更新ボタンは結構な割合で使われている。

「そういう使い方は想定していない」もユーザーが数千人、数万人いたら、そういう使い方をする人は出てきそう。

The Impact of Task on the Usage of Web Browser Navigation Tools | Faculty of Computer Science

 ↑古い内容なので現状はかなり違いそうだけれど。

スマホの場合の方が大変

あとスマホのAppも本来は描きたかった場所。

(今回はお題がwebで書いていたので割愛でした)

AppもAndroidだと、OSの機能として「戻る」が提供されている。

この機能で戻ったときに、考慮されていないと戻るべき場所に戻らなかったり、謎挙動をしたりする。

他に、ホームボタンでバックグラウンドにappをした後に再度フォアグラウンド(前面)に戻すとおかしくなっていたり。

他に、ポートレートモード(横モード)にするとUI崩れが発生する。

この辺は仕様レビューで「横モード対応ですか?」なツッコミを入れてハッキリさせておくのが吉。

 

iOSAndroidの差では「バックキーがデフォルトでくっついてるか、くっついてないか」みたいな問題がある。

多くの会社は両デバイスのアプリを同時に確認するだろうから、戻るの挙動の他、

「あれ、iPhoneだと戻れる導線なくね!?」

みたいなのもテスト観点に入れていいかもしれない。

 

フォームの再送信

作者はプライベートで課金ページで「フォームの再送信」の「再試行」を押す勇気はないゾ!(ぉぃ

 

ヨッ!二頭筋チョモランマ!

ボディビルの掛け声はひねりが聞いていて面白いらしい。

二頭筋チョモランマとか。

グレートプリケツとか。

 

ダンベ

家で筋トレをするなら、やはりダンベル購入がオススメ。

基本的にはプレートを付け替えられて重さを調整できるものを買おう。

(というか売っているほとんどがそれだけど)

マンガでも注釈に書いたが、安いものは中身が砂でサイズが大きくなる傾向がある。

作者の部屋では砂漏れが2/2で発生した。(ちなみにプラモ用パテで隙間を埋めて今は使っている)

鋼もいいが、結構いいお値段なり。

筋トレが習慣化してからお高いのは買った方がよいかもしれない。

 

あと、ダンベルを使った運動をするならトレーニングベンチもあった方がいい。

作者は折り畳みのトレーニングベンチを買ったが、置き場がなかったので一時期お風呂場に置いていた過去を持つ。

今は広い部屋に引っ越せたため、普通に置けているんだ!(意外と場所取るヨ)

 

さて。

男性に多いのが「やたら重いダンベル」で始めること。

目的に応じた重さでトレーニングは行う必要がある。

筋力を強化するなら、6回挙げるのがやっとくらいの重さ。

筋肥大が目的なら、大体8~12回上げられるくらいの重さ。

持続力強化ならそれ以上挙げられる重さ。