テスターちゃん【4コマ漫画】

ソフトウェアテストの用語、やり方などを4コマ漫画でわかりやすく説明する(予定の)ブログです。脱線も多いです。

40. バグの出し方のコツ その①

f:id:m_training:20180114233614p:plain

40. バグの出し方のコツ その①

 

バグの出し方のコツその①「繰り返す」

1回目(or 見た目)はうまく行ってるのでスルーしてると

「おや、いいねの様子が……」

となるヤツ。

最初見た感じはうまくいっているため、テストが薄い場合は本番でしっかり出てきちゃうバグだ!

作者主観だと結構頻度が高いバグだと思っているゾ。

設定スイッチをONにして、前の画面に戻って、もう一度その画面に戻るとスイッチがOFFになってるとか!

エラーメッセージが赤字で出てきた後に再入力すると字が赤くなってるとか!

 

これらは実体験のバグですw

 

フロントエンド

要はユーザーインターフェイス部分。

見た目や、入力をつかさどる部分だ。

JavaScriptで頭を悩ませたり、「PCとスマホで出しわけしなきゃ><」と悩んだりする(ぉ

フロントエンドエンジニアといったらこの辺のエンジニアのことだゾ。

ちなみにDBやサーバーの方はバックエンド。

 

ストレッチ

筋肉が固い人は血液やリンパのめぐりが悪かったりする。

そのようなわけでむくみやすかったり、冷えやすかったりする。

 

逆に柔軟性を高めると、筋肉のポンプ作用がよくなる。

結果、血液のめぐりがよくなったり基礎代謝があがったり。

 

ただ「ダンベル何キロもてる?」の情報だと、体が温まってない状態のストレッチは関節を痛める原因になったり、運動のパフォーマンス低下につながるとのこと。

なのでストレッチ(静的ストレッチ)よりも動的ストレッチを勧めていた。

作者は動的ストレッチはしていないので何ともはや。