テスターちゃん【4コマ漫画】

ソフトウェアテストの用語、やり方などを4コマ漫画でわかりやすく説明する(予定の)ブログです。脱線も多いです。

58. KPTのやり方その⑦

f:id:m_training:20180909205048p:plain

58. KPTのやり方その⑦

 KPTの2回目以降

KPTカイゼンのためのフレームワーク

思いついたかのようにたまにKPTをやる場所もあるが、定期的に継続してKPTを行っていくのが良い。

 

2回目以降は、KPTを行う前に以下を行おう。

時間は5分程度でいけるハズ。

・TryがKeepになったか?(大事)

・Keepで習慣化したモノをはずす

・他、もう不要となった項目をはずす(Problemなど、自然消滅しているものもある)

 

こんな感じで繰り返し行うので、付箋などは取っておく必要があったりする。

専用のボードなどに貼っておくと楽だったりするけど、規模が大きくなるとKPTのたびに再構成が発生したりはする。

 

KPTのサイクル

基本的には節目節目だけれど、時間を空けすぎるとTryが忘れ去られていたりして効果が薄いゾ。

1週間がイイ!というところもあるが、作者の場所だと1習慣だとTryがキツいという気持ちもあった。

2週間のサイクルの場所は多いみたい。

 

ボクたちのベストプラクティス

KPTを続けていくと、各チームでのナレッジが蓄積していく。

これらナレッジを横展開できると他チームも嬉しいことが起きそうだゾ。

 

これまた言うは易しパターンで、運用を考えないと「チームのナレッジの横展開ができていない」が発生する。

作者の会社はそんな感じのことが発生してはいた。

(5人くらいのチームなんですが、全体総計300名を超えるQA組織でしたから…)

 

(作者2018年9月に退職。退職エントリーを書いた方がいいのかな(笑)

 

まずは続けてみよう

KPTの何が難しいかというと「続けること」……これに尽きる。

忙しい、暇がない、みんな死にそう……

色んな要因でKPTは阻害されちゃう。

とにかくまずは「KPTを2回続ける!」からはじめてみよう。

 

2回でも意外とムズいんだゾ。