テスターちゃん【4コマ漫画】

ソフトウェアテストの用語、やり方などを4コマ漫画でわかりやすく説明する(予定の)ブログです。脱線も多いです。



きゅんちゃん設定画

f:id:m_training:20200829223053p:plain

きゅんちゃん設定画

今回はテストのお話はなし。

 

絵の練習がてら設定画を描いたので載せておきます。

夢はでっかくアニメ化ですよw

 

さて、以前もきゅんちゃんの設定を書きましたが、せっかくですのでwikipediaの内容も加えて書き残しておこうかと思います。

続きを読む

93. テストの目的 その⑤

f:id:m_training:20200823161734p:plain

93. テストの目的 その⑤

 明確にしたすべての要件を満たしていることを検証する。

要件を満たしているかの検証は、テストの中でも最も共通している目的の一つ。

3コマ目でも描いたけど、もっとも重要な活動です。

これは基本中の基本であり、確認するのはもう当たり前という感じ。

で。

それを確認するのは当たり前として、他に何かないか考えましょうといったことを描かせてもらいました。

 

全てが全て仕様書に書いてあるならそれでオッケーかもしれません。

けどまぁそうもいかないのが世の中でございます。

 

続きを読む

92. テストの目的 その④

f:id:m_training:20200802205359p:plain

 92. テストの目的 その④

 欠陥を防ぐため、要件、ユーザーストーリー、設計、およびコードなどの作業成果物を評価する。

JSTQBの2018V3.1.J02に書かれているのは上の通り。

 

V3の最初は「欠陥の作りこみ防止の話」と「作業成果物の評価(レビュー)の話」が別々だったけど、今はマージされていますね。

 

「欠陥の作りこみ防止」については、レビュー、つまり静的テストを行うことによって欠陥を防ぐ、というのがあります。

シフトレフトというやつですね。

あとはマンガに描いた通り、継続的な開発においてはこれまでのテストの情報、中でもバグの情報をレビューに活かすことができます。

 

続きを読む

91. テストの目的 その③

f:id:m_training:20200719164233p:plain

91. テストの目的 その③

 ステークホルダーが意志決定できる、特にテスト対象の品質レベルについての十分な情報を提供する。

 JSTQBに書かれている言葉としては上の通り。

テストをしないと

「これホント大丈夫なんだっけ…。ちゃんと動くんだっけ…。不安だ。けどエイヤで出すぞ!」

といったところ。

それがテストをすることによって様々な情報が「見えてくる」わけです。

自分たちが考えている使い方だとバッチリ動作することがシナリオテストでわかったとか。

負荷テストを行って、今までの最大アクセス数までは全然余裕で動くことがわかったとか。

セキュリティテストを行って、よくあるような脆弱性の心配は解消されてるとか。

実はオプション画面で繰り返し変更かけると1/100くらいで設定失敗するとか。そこ原因わからなくて直してないとか。

こんな感じで、テストしないときは漠然と「不安だ~」と思っていたことが、テストによって

続きを読む

90. テストの目的 その②

f:id:m_training:20200712210502p:plain

90. テストの目的 その②

欠陥や故障を発見し、ソフトウェアの品質が不適切になるリスクレベルを軽減する

「バグの発見」と書いたけど、シラバスに書かれている文章は上記の通り。

 

バグを見つけて、それを修正することで市場に出たときのリスクを軽減することができます。

「おいおい、見つけまくって全部直すのかよ!?」みたいに言う人もいるけど、これはまた別の回の「ステークホルダーへの意思決定のための情報提供」の話でやろうとも考えています。

先出しすると、見つけたバグについては「こういうリスクがあるよ」ということがわかるわけです。

そのうえで、どこまでリスクを許容するのかという考え方もあります。

「これだと大きなリスクはないし、次のスプリントで修正」ってことも全然ありなワケです。

けど例えばカーナビみたいな市場に出た後直せないやつだと、次、がなかったりもします。

 

ユニットテスト、統合(結合)テスト、システムテスト段階ではなるべく多くのバグを見つけまくる、がどのみち幸せかと思います。

そして修正することで市場に出たときのリスクレベルを下げることができます。

 

続きを読む

89. テストの目的 その①

f:id:m_training:20200629062620p:plain

89. テストの目的その①

テストを行う目的

JSTQBのFLのシラバス(2018V3.1.J02)に記載されているのは以下の7つ。

 

  • 欠陥や故障を発見し、ソフトウェアの品質が不適切になるリスクレベルを軽減する。
  • 欠陥を防ぐため、要件、ユーザーストーリー、設計、およびコードなどの作業成果物を評価する。
  • ステークホルダーが意志決定できる、特にテスト対象の品質レベルについての十分な情報を提供する。
  • 明確にしたすべての要件を満たしていることを検証する。
  • テスト対象が完成したことを確認し、ユーザーやその他ステークホルダーの期待通りの動作内容であることの妥当性確認をする。
  • テスト対象の品質に対する信頼を積み重ねて、所定のレベルにあることを確証する。
  • 契約上、法律上、または規制上の要件や標準を遵守する、そして/またはテスト対象がそのような要件や標準に準拠していることを検証する。

2011年版のシラバスだと記載は以下の4つだった。

  • 欠陥の検出
  • 対象ソフトウェアの品質レベルが十分であることの確認
  • 意思決定のための情報の提示
  • 欠陥の作りこみ防止

ベースは2011年版の4つだけど、それらをより詳細に書き表したのが新しいバージョンといったところ。

テスターちゃんでは新しい方でお話を描いていくつもり。

 

ちなみに2018年版の最初は9つだったけど、まとまるところがまとまって7つになったようだ。

 

続きを読む

【新人さん向け】web系でよくあるテストケースの実行の一連の流れと注意点

こんにちは。作者です。

 

IT系では在宅業務になった会社さんが結構あるかと思います。

在宅業務は良いのですが、結構大変な目にあっているのが…新人さん!

入社早々在宅環境に投げ込まれ、先輩たちも慣れない環境のせいでサポートがあまりうけられない!なんて方々もいらっしゃるかと思います。

あと、先輩と同じ空間にいたら気軽に聞けていたことも、チャットを介してだと聞きにくくて放置している疑問もあるかもしれません。

その結果、自分がどういう風に動けばいいのかわかっているようで曖昧……

さらに、6/1から在宅があけて出社に!!

ああっ!!私はどうすれば!?

…みたいな人のために(?)、テスト系業務をすることになった新人さんが恐らく最初にやることになるであろう「テストケースの実行」のweb系でよくあるフローを書いておきたいと思います。

作者はwebやゲーム系の会社しか回っていないので、他の場所は知らないです。

けれど、ゲーム/web/appの巡った場所は大体似たようなフローだったのでそれについて書いていきます。

もちろん場所によってルールは様々。

大まかな流れ程度の把握にしましょう。

自分の会社、担当業務でのやり方はしっかりと先輩方に聞いて把握してくださいね!

 

【新人さん向け】web系でよくあるテストケースの実行の一連の流れと注意点

テストケースの実行の大まかな流れ

  1. テストリーダーからテストケース実行の担当範囲が割り振られる
  2. テストする環境とデバイス(ブラウザ)をしっかり確認
  3. テストケースをひとつずつ、手順をしっかり見て確認
  4. 問題がなければテスト結果をPassなどのステータスにする
  5. 問題があったらテストリーダーに問題があった旨を報告
  6. テストリーダーがバグか、問題なしか、既知(登録済み)の問題か判断して対応を指示
  7. バグ登録の指示があったらテスト結果にFailを入れてバグ票を書く
  8. バグ票を書いたらテストリーダーに報告する
  9. そのFailのテストケースとバグ票の番号(URL)を紐づける(記載欄に書くとかね)
  10. 自分の担当範囲が終わったらテストリーダーにちゃんと報告
  11. 登録したバグの修正が返ってきてたら、確認テスト(そのバグが直ってるか確認)を実施
  12. 直っていたら、バグ票のステータスを決められたステータスに変更(修正済みなど)
  13. そのバグ票が紐づけられているテストケースをPassにする(または修正済みステータスなど)
  14. もし直っていなかったら、テストリーダーに「直ってるっていってるけど直ってないです><」と連絡

 

大体こんなかんじ。

コレがweb系でよくあるテストケースの実行時のサイクルです。

さらに細かく見ていってみましょう。

続きを読む

Oculus Quest用Fitnessゲーム「BMSFitness」公開!【BMS】

サンデープログラマーまつです。こんにちは。

ゴールデンウィークを利用して、自作のFitness音ゲーを作りましたので公開します!

SideQuestで公開中です。

https://sidequestvr.com/app/942/bmsfitness

 

The Fitness Game "BMSFitness" for Oculus Quest is now available!

You can read English explanation the below link.

https://github.com/jam0824/unitybm98v2#Download

 

  • 【Oculus Quest】Fitness App「BMSFitness」公開【BMS
    • Download
    • 概要
    • 紹介動画
    • 使い方
    • 遊び方
    • カテゴリーの作り方(20200516バージョンで追加)
    • ランダム選曲(20200620バージョンで追加)
    • BM98のUI
    • 消費カロリーについて
    • GitHub
    • プレイ動画
      • TO MAKE THE END OF BATTLE
      • 三人称視点での撮影
      • Final Fantasy4 battle
      • Last! Least! Regrets!!
      • Welcome Mr.E-R
      • 璃子 JV-1080Mix (2nd Mix)
    • 仕様について
      • ファイル形式
      • 音声形式
      • ヘッダー
      •  アニメーションファイル形式
      • メインデータ
      • Oculus内の曲ファイルについて
      • mpgについて(20200510バージョンにて対応)
    • Avator modeについて (20200524バージョンにて対応)
    •  
    • キャッシュについて (20200620バージョンにて対応)
    • 既知の問題点
    • ソフトウェアテスト研修用のテスト対象にも考えてみたい
    • 更新について
    •  使用音声

 

【Oculus Quest】Fitness App「BMSFitness」公開【BMS

Download

以下から最新版apkがダウンロードできます。

BMSFitness - Google ドライブ

※非公式Appです。ご利用の際は自己責任でお願いします。

※横幅1.4mくらいを行き来します。ケガをしないようにご注意ください。

概要

Oculus Questの専用アプリで、音楽に合わせて飛んでくる弾を叩く、いわゆる「音ゲー」です。

また、ゲームでどれくらいのカロリーを消費したかもわかります。

音楽で楽しみながらやせられるゲームです。

この手のFitnessゲームはVRではBOXVRを筆頭に結構あります。

何が違うかというと「BMSファイル」を読み込んで使うという点です。

dic.nicovideo.jp

BMSは有志が作っている音楽を奏でるファイルです。

その昔ビートマニアのエミュレーション的なソフト「BM98」でとてもとても流行り、私もキーボードが壊れるまでプレイしたものです(しみじみ

leafの曲、Kanonの曲……思い出深いです。

話はそれましたが、有志が色々と音楽を作ってくださっています。

その曲を利用して遊ぶことができるわけです!

また歴史がある形式なので、すごーく昔の懐かしの曲なんかもあったりします。

 

紹介動画

www.youtube.com

 

続きを読む